ここから本文です

<Wコラム>9月15日は韓国のお盆の「秋夕(チュソク)」! 

WoW!Korea 9月16日(金)22時51分配信

韓国では、旧暦の8月15日が秋夕(チュソク)になっている。現在の暦では9月中旬か下旬になる。今年の場合は9月15日が該当していて、韓国では前後の1日ずつを含めて3連休だ。そして、例年のように民族大移動となる。


■事前にお墓の草刈りを行なう

 韓国は今でも正月とお盆を旧暦で行なう。

 特にお盆は「秋夕」と呼ばれていて、墓参りがともなうので、どの家族でも故郷に帰って大忙しとなる。

 それでは、どんな風に秋夕を過ごすのかを説明していこう。

 韓国では先祖を祀るチェサ(祭祀)の儀式がとても多いのだが、あくまでも家で祭壇にご馳走を並べて行なうのが普通で、意外にも墓参りにはあまり行かない。

 その代わり、秋夕は一族総出で墓参りに行く重要な日になっている。

 お墓の多くはお椀を引っ繰り返したような「まんじゅう型」なのだが、夏には雑草が丈長く生えるので、秋夕の前に草刈りをする必要がある。それをポルチョ(伐草)と言う。おそらく、韓国のどの地方でも、今月の上旬に大々的なポルチョが行なわれていたことだろう。


■先祖のためにご馳走を用意! 

 秋夕の日は墓参りに行く重要なお盆ということで、その前日は民族大移動となる。ソウルからは帰郷ラッシュとなり、高速道路は大渋滞して列車は超満員となる。いつもながらの風景だ。

 秋夕の当日は、朝に一族が集まってチェサが行なわれる。

 前日に一族の女性たちが作っておいたご馳走を祭壇に並べ、秋夕に合わせて地上に戻ってきた先祖たちに、たっぷり食べてもらうのである。

 実際に先祖がしっかり食べると想定して、子孫が箸を何度も動かしてご馳走を取る動作を繰り返す。

 また、お酒の杯を何度も捧げる。

 30分ほどでチェサの儀式が終わると、先祖に捧げたご馳走を列席者たちでいただく。酒も入るので、朝から豪華な宴席となる。

 それが終わると、いよいよ墓参りに出掛ける。韓国のお墓は風水の関係で山の中腹や遠方にある場合が多く、出掛けるのも一苦労なのである。


■秋夕の日は「中秋の明月」

 ようやくお墓にたどりついたら、ここでもお酒の杯を捧げる儀式があり、子孫がチョル(目上の人に対する挨拶のことで、跪〔ひざまず〕いて頭を下げる動作を繰り返す)を行なう。

 韓国の家庭には仏壇がないので、年に1回のお墓参りが本当に貴重なのである。このときに、先祖にしっかりと「孝」を尽くさなければならない。

 こうしてお墓参りが終わったら、家に戻って家族が団欒の時間を過ごす。男の場合は、たいていは酔いつぶれることになるのだが……。

 そして、秋夕の翌日(3連休の3日目)に、都会の家族は実家を離れ、現在の居住地に戻って行って秋夕が終わる。

 なお、秋夕の日は日本でいえば「中秋の明月」である。月がとても美しい日だけに、日本でも月見酒を楽しんでいる人が多いのではないだろうか。


文・写真=康 熙奉(カン ヒボン)
(ロコレ提供)

最終更新:9月16日(金)22時51分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。