ここから本文です

福井で演奏会「クレッシェンド」 中高5校の吹奏楽部、「成長」テーマに集う /福井

みんなの経済新聞ネットワーク 9月16日(金)18時56分配信

 福井市文化会館(福井市春山2)で9月22日、吹奏楽コンサート「Crescendo!(クレッシェンド)」が行われる。(福井経済新聞)

 吹奏楽に取り組む中高生の交流や演奏技術向上などを図ろうと、NPO法人「福井芸術・文化フォーラム」(春山2)と公益財団法人「福井市ふれあい公社」(同)が主催する。2015年度、同会館で2回行われた「中学生吹奏楽クリニック&コンサート」を発展させ、イタリア語で「成長」という意味がある音楽用語「クレッシェンド(=徐々に強く)」をタイトルに掲げた。

 出演は足羽中(今市町)、成和中(城東3)、明道中(文京2)の各吹奏楽部で、「アルセナール」「愛を叫べ」「ギャラント・マリーンズ」などJ-POPや行進曲の演目を予定する。今年の「夏の甲子園」で演奏を披露した北陸高(文京1)、北陸唯一の女子高吹奏楽部を持つ仁愛女子高(宝永4)も協力し「千と千尋の神隠し」「今夜はブギー・ナイト」の合同演奏や、5校での合同練習なども行う。

 この時期は各校とも、3年生が引退し新体制に移行したばかり。仁愛女子高吹奏楽部部長でサクソホン担当の高嶋奈々さんは「先輩たちが引退して人数が少なくなり『もっと練習しなければ』という気持ちが湧いている。演奏の精度を上げて、本番では中学生から憧れられるような見せ場をつくれたら」と意気込む。

 同市内にある中学校吹奏楽部では、予算や部員数の関係から定期演奏会などを行うケースが少ないという。企画スタッフで同部講師の岡田健志さんは「中高吹奏楽部の交流イベントも一部の私立校などに限られているので、春と秋の年2回を軸に継続開催していきたい。人前で演奏するという体験こそ一番の練習で、さまざまなジャンルの音楽に触れることで互いのレベルを高め合える機会となれば」と話す。

 14時開演。入場料は300円(未就学児無料)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月16日(金)18時56分

みんなの経済新聞ネットワーク