ここから本文です

岡崎ロングシュート巡り監督と意識のズレ「打つな」

日刊スポーツ 9月16日(金)10時7分配信

<欧州CL:クラブ・ブルージュ0-3レスター>◇1次リーグG組◇14日◇ブルージュ

【写真】「岡崎を使わないとと思わせないと」/一問一答

 チャンピオンズリーグ初出場を待ち望んでいたレスター(イングランド)の日本代表FW岡崎慎司(30)がまさかのベンチ外となった。クラブ・ブリュージュ(ベルギー)戦の遠征メンバーに入りながら、当日のミーティングで知らされた。岡崎は悔しさをかみしめながらも「気持ちを落とすのが一番もったいない」と次を見据えた。ドルトムント香川真司(27)、セビリア清武弘嗣(26)も出番なし。日本人選手にとって不完全燃焼の1日となった。

 楽しいはずの欧州CLは、ピッチに立っていればこそだった。スタンドから仲間のプレーを見つめた岡崎の感想は「全然楽しくねえなぁ。やっぱり、あそこにいるから楽しいんだと思う」。試合は、昨季PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)年間最優秀選手マレズが2点を挙げるなど3-0で快勝。複雑な思いを残した遠征となった。

 岡崎はここまで公式戦全5試合に出場。うち4戦で先発した。だがこの日は試合2時間前のミーティングでベンチ外を告げられた。

 「準備してましたし、出たいという強い気持ちがあった。ここまで一気に突き落とされたことはなかった。Jリーグ時代、トップで先発して、次の日サテライトのサブになっている感覚」と落胆は隠せなかった。

 それでもベンチを外れた理由は理解している。ウジョアやムサら途中出場に向くFWをベンチに入れたいというラニエリ監督の意向と、同監督との少しの「意識のズレ」だ。

 岡崎は10日の国内リーグ・リバプール戦で珍しくロングシュートを放った。だが選手全員が集まった場所で監督から「お前は打つな。昨季、お前はあそこでパスを出していた。余計なことはしなかった」という意味の言葉を受けたという。

 昨季の貢献を認めた上で、現状維持で良いという指揮官だが、本人の気持ちは違った。

 「『現状維持で良いから、いらんことをするな』みたいな感じじゃないですか。でも俺はもっと上に行きたい。監督に歯向かってバンバン打つとかじゃなく、自分のリズムを取り戻すためにシュートを打っていかなあかん」

 明日17日にはプレミアリーグ・バーンリー戦が待っている。岡崎は「監督が求めることをやりながら、自分が求めることをやっていく。使ってくれたら、俺は点取りますよというのがFWだと思う。そこを頑張りたい」と前を向いた。

最終更新:9月16日(金)11時7分

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報