ここから本文です

「脳波VR」現る VR映像と脳波測定で“好みの女性タイプ”を分析

ITmedia ニュース 9月16日(金)15時8分配信

 VR空間で女性3人の映像を見せつつ、脳波を測定し、ユーザーの好みに合った“本命の子”を教えてくれる「脳波LOVEチェッカー」が東京ゲームショウ2016(千葉・幕張メッセ、9月18日まで)に登場。実際に記者が体験してみた。

【画像:登場する3人の女性】

 デジタルガレージ、カカクコムなどが運営する研究組織「DG Lab」と、電通サイエンスジャムが共同開発した。脳波センサーを搭載したスマートフォン挿入型のVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Air VRゴーグル」を装着すると、タイプが異なる3人の女性がVR空間に現れて順番にデートに誘ってくる。

 登場する3人は、巫女の姿をしたおしとやかな女性、礼儀正しいがややフランクなメイド服姿の女性、軍服をまとった強気なタイプの女性。それぞれの女性からユーザーが誘われたときの脳波から、興味や好意の度合いを類推し、3人の中から最も気になるタイプの女性を提案してくれる。

 同技術を使えば、「脳波の分析結果によって、シナリオが分岐する恋愛シミュレーションを実現できる」(同社)としている。

 ちなみに、記者は2人目のメイド服の女性が好みに感じたが、判定の結果は軍服の女性だった。試遊ブースのスタッフからは「気付いていないだけで、もしかするとMの素質があるのでは?」と言われてしまった……。

最終更新:9月16日(金)15時8分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]