ここから本文です

「iPhone 7 Plus」を分解

EE Times Japan 9月16日(金)15時28分配信

 2016年9月16日に販売が始まったApple(アップル)の最新スマートフォン「iPhone 7 Plus」。仕様を確認しておくと、5.5型ディスプレイ(1920×1080ピクセル、401ppi)を搭載し、サイズは158.2×77.9×7.3mm。64ビットアーキテクチャのSoC(System on Chip)「A10 Fusion」およびコプロセッサ「M10」を搭載している。A10 Fusionは、ARMのbig.LITTLE処理を採用していて、「iPhone 6」のSoC「A9」に比べて40%高速化を実現するコアを2個と、A9比で消費電力量が5分の1となる高効率コアを2個用いている。加えて、6コアGPUも搭載している。

【『「iPhone 7 Plus」のメインボード裏面の写真』などその他の画像へ】

 バッテリーの容量は2915mAh(11.1Wh、3.82V)で、iPhone 6 Plusの2750mAh(10.45Wh)に比べると、やや増加しているという。なお、Samsung Electronics(サムスン電子)の新型スマートフォン「Galaxy Note 7」は現在、バッテリーの発火により出荷が停止されている。Galaxy Note 7のバッテリー容量は3500mAh(13.48Wh)である。

 発売されたばかりのiPhone 7 Plusを、これも恒例となっているが、iFixitが早速分解したので、メインボードを中心に紹介する。分解の詳細は、iFixitのページから見ることができる。

■メインボードの搭載部品

 メインボードの表面および裏面に搭載されている部品は、それぞれ以下の通りのようだ。

・赤色:AppleのSoC(System on Chip)「A10 Fusion APL1W24」と、Samsung Electronicsの3Gバイト LPDDR4 RAM
・オレンジ色:QualcommのLTE Cat 12対応モデム
・黄色:Skyworks 78100-20
・緑色:Avago Technologiesのパワーアンプモジュール「AFEM-8065」
・水色:Avago Technologiesのパワーアンプモジュール「AFEM-8065

【メンボード裏面】
・東芝の128Gバイトフラッシュメモリ
・Wi-Fiモジュール(「339S00199」と刻印)
・NXP SemiconductorsのNFCコントローラーIC「67V04」
・Dialog SemiconductorのパワーマネジメントIC「338S00225」
・QualcommのパワーマネジメントIC「PMD9645」
・QualcommのマルチモードLTEトランシーバーIC「WTR4905」
・QualcommのRFトランシーバーIC「WTR3925」

■デュアルレンズのカメラ

 iPhone 7 Plusの特徴の1つがカメラだ。12Mピクセルの広角カメラおよび望遠カメラから成る“デュアルカメラ”構成である。2倍の光学ズームと最大10倍のデジタルズームが可能となっている。

最終更新:9月16日(金)15時28分

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]