ここから本文です

KDDI田中社長「最もフレンドリーなiPhone」、足立梨花やSKE48も感激

Impress Watch 9月16日(金)13時1分配信

 iPhone 7/7 Plusが国内で一斉発売となった16日朝、KDDIは東京・新宿駅東口近くにある旗艦店「au SHINJUKU」で、発売記念のカウントダウンセレモニーを開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同社代表取締役社長の田中孝司氏に加え、ゲストとして女優の足立梨花さん、SKE48から松井珠理奈さん、大矢真那さん、高柳明音さん、須田亜香里さん、古畑奈和さんの5人のメンバーが登場し、iPhone 7/7Plusの発売を祝福するとともに、それぞれがiPhone 7/7Plusの魅力を語った。

■いくつもの「auだけ」を揃え、iPhoneを「もっと自由に、フレンドリーに」

 同イベントでは、発売スタートのカウントダウンに先立ち、田中氏がauの最近の取り組みと、新製品の解説を行った。iPhone 7/7 Plusの予約状況については、「ジェットブラックとブラックに予約がどーんと集まっている」とし、一部のカラーで入荷が追いついてないことを明かした。

 iPhone 7/7 Plusと同時に発売した「Apple Watch シリーズ2」は、au直営店から順次取り扱い店舗を拡大する予定。iPhone 7のカラーバリエーションに合わせたデザインのワイヤレスヘッドフォン「Beats Solo3 Wireless」も同日から全国のauショップなどで発売することが発表され、田中氏は国内で取り扱うのは同社が最速であることもアピールした。さらに、ワイヤレスイヤフォンの「Powerbeats3 wireless」の10月上旬発売と、「Beats X」の今秋発売を予告。後者のBeats Xについては「しばらく独占販売になる」としている。

 また、田中氏はauのiPhone 7/7 Plusのメリットとして、国内キャリアで唯一キャリア決済の「auかんたん決済」が使えること、「auスマートパス」によりiPhoneの修理代金を1万円×2回分サポートすること、au WALLETがApple Payに対応予定であることなどを挙げた。

 同氏いわく、auにおけるiPhone 7/7 Plusは「最もフレンドリー」な端末。ヘッドフォンやキャリア決済、サポートの仕組みなど「auだけ、というのを少しずつ揃えている」(田中氏)こともあり、「ユーザーの使い方によりマッチしたところがある」というのがその理由だ。前日15日から受付を開始した、翌月繰り越しも可能な月間20GB以上の高速データ通信プラン「スーパーデジラ」や、そのデータ容量をシェアできる「世界データ定額」と合わせ、「もっと自由に、フレンドリーにiPhoneを使ってもらいたい」と話した。

 田中氏はイベント後の囲み取材にも応じ、在庫状況について「特にiPhone 7 Plusの方が厳しい。ジェットブラックがほぼなく、展示用もない状態。それ以外の色は特に問題なく入ってきている。(ジェットブラックは)入荷の見込みも見えてきていない」とコメント。売れ行きも「予約数は、昨対比で見ると過去最高。(iPhone 6や6sと比べても)びっくりするくらい予約が多い」という。

 ネットワークの拡充については、「来季になるとまた最速のポジションを取れるんじゃないか。ほとんどテクノロジーと周波数の使い方だけの話なので、実効的にどうするかはお客さんの声(を大事にする)というのは認識している」と話すとともに、「今年からCX、体験価値を最大化しようということで、au STARなんかもやっているので、そういう方向に舵を切って(他社と)差別化としていきたい。お客様の反応はけっこういい」と述べた。

ケータイ Watch,日沼諭史

最終更新:9月16日(金)19時45分

Impress Watch