ここから本文です

下北沢50年の変遷を映画館で感じよう、「カネゴンの繭」「ざわざわ下北沢」など上映

映画ナタリー 9月16日(金)14時3分配信

9月17日から10月7日にかけて、「下北沢、50年の変遷」と銘打った特集上映が、東京・下北沢トリウッドにて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この特集では、1966年に放映された特撮テレビドラマ「ウルトラQ」の第15話「カネゴンの繭」カラーライズ版をはじめ、市川準が監督を務めた「ざわざわ下北沢」、長編アニメ「鉄コン筋クリート」、下北沢で撮影をするというコンセプトから製作が始まった「下衆の愛」など全6本を上映。実写や特撮、アニメーションなどバラエティ豊かな作品から、下北沢の変遷を感じ取ってみては。

下北沢、50年の変遷
2016年9月17日(土)~10月7日(金)東京都 下北沢トリウッド
※火曜定休、9月27日(火)のみ19:00より「下衆の愛」英語字幕版の上映あり
料金:1000円
※「下衆の愛」のみ 一般 1400円 / 学生、シニア 1100円
※「カネゴンの繭」「ウルトラの星」は2本で1000円
<上映作品>
「カネゴンの繭」(テレビドラマ「ウルトラQ」カラーライズ版より)
「ウルトラの星」(テレビドラマ「ウルトラマンティガ」より)
「ざわざわ下北沢」
「鉄コン筋クリート」
「ピース オブ ケイク」
「下衆の愛」

最終更新:9月16日(金)14時3分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。