ここから本文です

横浜が再試合制し8強 スーパー1年生・万波先制二塁打

スポニチアネックス 9月16日(金)7時1分配信

 ◇秋季高校野球神奈川大会4回戦 横浜7―4相洋(2016年9月15日 バッティングパレス相石ひらつか)

 横浜が引き分け再試合を制して8強進出。「4番・右翼」のスーパー1年生・万波は4回1死三塁から先制左中間二塁打を放ち「犠飛でも1点という感じで、気楽に打席に入れていい結果につながった」とうなずいた。

 7回2死一、二塁ではダメ押しの遊撃内野安打で5打数2安打2打点。それでも「最終打席(空振り三振)は詰めの甘さが出た。1試合2、3安打できるように集中力を高めたい」と貪欲だった。

最終更新:9月16日(金)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報