ここから本文です

三田寛子会見全文2【雨降って地固まる】

デイリースポーツ 9月16日(金)14時51分配信

 タレントの三田寛子(50)が16日、都内で夫で歌舞伎俳優の中村橋之助(51)の不倫報道について、報道陣の前で謝罪した。雨が降る中、玄関前で傘をさしながらの対応となったが、終始笑顔も見せ、関係各位へ誠意をもって謝罪。義父でもある7代目中村芝翫への思いも語った。 【以下、三田の対応全文】

【写真】橋之助 「不徳の致すところ」と平謝り

 とにかく、お練りの台風で、すごい雨が突然降り出したのは、この家を、成駒屋をずっと守ってきて私たちを育ててくださいました七代目中村芝翫である父、この父がいつもなにかと雨が降る“雨男”として有名でございまして、今日も急に、ここに向かう最中に大雨が降り出しました。

 父がもっと気を引き締めて頑張らねばいかんぞということと、敦子(三田の本名)を守ってあげなきゃ、女の子だからかわいそうに、ドキドキしながら会見を受けるだろうという思いで、父がきっと私を守ってくださる雨だと思います。

 世間には雨降って地固まるということわざがあるように、私もそういうふうに言っていただけるように、家族5人で一生懸命頑張って、もちろん芸事にも精進し、人として親としても、とにかく明るく元気で笑顔の絶えない家庭が子供の教育で一番大事と思って頑張ってきているので、これからもそのつもりで、こんな私ですがお仕事もこうやってさせていただいて、皆さんにお集まり頂いたので、一生懸命頑張りますのでどうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。

 関係各位の皆様、友人、ご贔屓筋、諸先輩の皆様が、この度のことで私にご連絡くださり、励ましてくださいました。このお言葉にきっちり応えられるように、もちろん家族5人で頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。

 -ご主人とは今どんな風にお話を?

 もちろん言葉少なに反省している様子でございます。きちんと記事が出る前に二人で話しました。もう、何の言い訳もないと思います。これからが彼の男として、人としての見せ所となっていくことを肝に銘じて、本当に皆様方のお叱り、本人の軽率な行動も含めて、これから本当にきれい事ではなく、一生懸命、中村芝翫を継ぐべき人間として頑張ると申しておりましたので、どうぞみなさま、色々なことをご指導いただきまして、よろしくお願いいたします。

 -「芸の肥やし」という言葉は?

 はい、そんなことわざもございます。週刊文春の記者の方々にも脱線しながらいろいろなお話をさせて頂きました。ですからあの記事に載っている私の言葉がすべてかと思います。

 -離婚は?

 ないでーす!

 -今日は何か話した?

 頑張って2人で朝ご飯食べてきました。

 -(三田の)周囲への気配りが絶賛されてますが?

 とんでもない、みなさん支えて頂いて感謝しています。ありがとうございます。

最終更新:9月16日(金)19時5分

デイリースポーツ