ここから本文です

前原氏「何もしないのはどうかと」党内の不満代弁

日刊スポーツ 9月16日(金)10時7分配信

 民進党代表選は15日、投開票され、蓮舫参院議員(48)が、前原誠司元外相(54)玉木雄一郎国対副委員長(47)に圧勝し、新代表に選ばれた。同党の女性党首は初めて。二重国籍問題を抱えたままの強行突破が実ったが、ぶれた説明への不信感が残る「消極的選択」になった。かつて「偽メール問題」で代表の座を追われた前原氏からは「すべての情報を開示」を求められるなど耳が痛い提言も受けた。持ち味の発信力が、良くも悪くも蓮舫氏の今後を左右する。

 敗れた前原氏は、投開票後、スピーチで「代表の発言の心構え」を説いた理由を「党内外に、さまざまな思いが充満している。リスクマネジメントの観点から、何も言及しないのはどうかと思った」と述べ、蓮舫氏への党内の不満を代弁したとの思いを打ち明けた。「オコエ選手やケンブリッジ飛鳥選手など、日本人と外国の方のお子さんの活躍は素晴らしい。他方で、国会議員には国を背負う責務がある。その点について、説明責任をしっかり果たされることが大事だと思う」とも指摘した。「あれだけ地方票で差を開けられると難しい。不徳の致すところだ」と、淡々と話した。

最終更新:9月16日(金)10時7分

日刊スポーツ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。