ここから本文です

イタリアで新成人に約6万円支給、文化的用途に限定

ロイター 9月16日(金)16時50分配信

[ローマ 15日 ロイター] - 今年18歳の成人を迎えるイタリア人は、本やコンサート、映画などの文化的な用途に使う資金として、国から500ユーロ(約5.7万円)が支給されることになった。来月から実施される。

この総額2億9000万ユーロ(約333億円)の計画は、レンツィ首相の発案。新成人に世界最大の文化的遺産を伝承する一員だと感じて欲しいのだという。

文化的施設を訪れるための登録は15日から開始され、1998年生まれのイタリア人、外国人の居住者ら約57万人がオンラインでIDを請求できる。

ただ、レンツィ首相がこの計画を発表した際、若い有権者を獲得するための手段にすぎないとの批判もあった。来年18歳を迎える人にも続けられるかどうかは提示されていない。

今月18歳になったローマ生まれの女性は、この金を歓迎。「18歳を迎えるのは重要な瞬間。若者にお金を与えるのは正しいと思う」と語った。

最終更新:9月16日(金)16時50分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。