ここから本文です

本当に大丈夫? 「iPhone 7」を水没させてみた

ITmedia Mobile 9/16(金) 16:05配信

 「iPhone 7/7 Plus」は、iPhoneとして初めて防水/防塵(じん)性能をサポートしており、その保護等級は「IP67」に相当する。

【画像】びしょぬれのiPhone

 IP67は、防塵性能は6級で、防水性能は7級という意味で、

・「粉塵が内部に侵入しない」→完全防塵
・「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」→30分間の水没に耐えられる防水性能

と言い換えられる。

 これまで、うっかりトイレに落としてしまったり、ゲリラ豪雨に遭遇してしまったりと、悲しい水没事故に見舞われた人は決して少なくないだろう。本当にもう水没しても大丈夫なのか、実際に試してみた(試したのは、iPhone 7 Plus)。
※(関連記事内【動画】を参照)
 水に沈めても、問題なく使えることが分かる。ただし、画面に水滴が残っていると誤作動の可能性はある。また、これはあくまで「真水・常温」の話なので、浴室やプール、海などでの使用には注意が必要だ。

最終更新:9/16(金) 16:05

ITmedia Mobile