ここから本文です

MONKEY MAJIKが映画「CYBORG009」主題歌書き下ろし

音楽ナタリー 9月16日(金)15時8分配信

MONKEY MAJIKの新曲「A.I. am Human」が、11月25日に公開される3DCGアニメーション映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」の主題歌に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この映画は、石ノ森章太郎原作のコミック「サイボーグ009」が1966年に初めて映像化されてから50周年を迎えたことを記念して制作されたもの。総監督は「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズを手がけた神山健治が、監督は柿本広大が務め、キャラクターデザインは齋藤将嗣が手がけている。完全新作ストーリーの今作では、平和のために闘い続けてきた9人のサイボーグ“009”が新たな敵である正体不明の異能者“ブレスド”に立ち向かう姿が描かれており、第1章から第3章までに分けてそれぞれ2週間限定で劇場公開される。

MONKEY MAJIKは映画のために書き下ろした新曲について「世界を救うために立ち上がるスーパーヒーローの力強さ、疾走感を感じられる仕上がりにしたいと思っていました。また、世代を超えて長年愛されるアニメですので、ブレイクポイントとサビに、70~80年代らしいノスタルジックな要素を入れました」と解説。また「僕たちMONKEY MAJIKは宮城を拠点に活動をしていますが、作者・石ノ森章太郎先生は同郷であり、宮城の誇りでいらっしゃいます。先生の作品に対しては特別な想いを抱いており、世界中から愛されるこの作品に携われることを、とても光栄に思っています」と主題歌にかける思いを語った。

映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」公開日程
第1章:2016年11月25日(金)~12月8日(木)
第2章:2016年12月2日(金)~12月15日(木)
第3章:2016年12月9日(金)~12月22日(木)

最終更新:9月16日(金)15時8分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。