ここから本文です

プホルス、トラウトキラーだ!岩隈、エンゼルス主軸抑え込む

スポニチアネックス 9月16日(金)7時1分配信

 ◇ア・リーグ マリナーズ2―1エンゼルス(2016年9月14日 アナハイム)

 マリナーズの岩隈はトラウトと55打席対戦し打率.188、プホルスと54打席対戦して.148。メジャー6年目のトラウトと25打席以上、同16年目のプホルスと50打席以上対戦した投手の中で、いずれも最も対戦打率が低い。同じア・リーグ西地区のダルビッシュ(レンジャーズ)もトラウトに43打席で.270、プホルスには34打席で.241と、まずまずの成績だが、岩隈の数字は突出している。

 ◆マイク・トラウト 1991年8月7日、ニュージャージー州生まれの25歳。2009年ドラフト1巡目でエンゼルス入りし、11年7月にメジャー初出場。12年に打率.329、30本塁打、83打点、49盗塁で盗塁王と新人王。14年に打点王とア・リーグMVPを獲得した。オールスター戦には5年連続で出場し14、15年にMVPに輝いた。1メートル89、107キロ。右投げ右打ち。

 ◆アルバート・プホルス 1980年1月16日、ドミニカ共和国生まれの36歳。99年ドラフト13巡目でカージナルス入り。2001年4月にメジャーデビューし、以降10年連続で打率3割、30本塁打、100打点以上を記録。01年に新人王、ナ・リーグMVPには3度輝き、首位打者1回、本塁打王2回、打点王1回を獲得した。11年オフにエンゼルス入り。1メートル92、109キロ。右投げ右打ち。

最終更新:9月16日(金)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。