ここから本文です

SMFG、NTTデータ、三井住友銀、Daonの4社、生体認証プラットフォームを2017年春に提供

Impress Watch 9月16日(金)13時57分配信

 株式会社三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、株式会社三井住友銀行、株式会社NTTデータ、アイルランドDaonの4社は、複数の生体認証を用いた認証の仲介機能を提供するプラットフォームと、これを利用可能なスマートフォンアプリを2017年春より提供する。

 ID・パスワードによる認証は、現在広く使われているが、サービスごとに異なるIDとパスワードを使い分ける必要がある。スマートフォンなどを活用した生体認証への移行も進んでいるが、サービスごとに生体情報を設定する必要がある。

 2017年春に提供予定の生体認証プラットフォームは、指紋、顔、声などの生体情報を用いて、個人と事業者間でアカウント情報を紐づける認証の仲介機能をサービスとして提供するもの。

 利用者は複数のIDやパスワード、または生体情報の設定を行うことなく、対応する各種サービスの本人認証を行うことができる。また、氏名や住所、電話番号といった基本情報についても、1度入力するだけで、サービスごとに入力する必要がなくなるという。

 一方、サービスを提供する事業者側では、ユーザーの認証システムを構築・運用する必要がなくなる。

 Daonは、複数の生体情報技術を組み合わせた本人認証サービスを提供する企業。国内でも入出国管理に利用されているほか、海外ではオンラインバンキング、社員証明、国民ID、パスポート、ビザ、運転免許証、選挙の有権者登録などに活用されている。

 SMFGでは、他事業者向けに金融仲介機能を提供している。三井住友銀行では、信頼性・安全性を重視した銀行システムの構築・運用と、生体認証を活用したATMなどセキュリティレベルを意識した本人認証を行っていた。また、NTTデータでは、金融・公共分野におけるオンラインサービスの構築を手掛けており、今回の本人認証プラットフォームの構築では、これら各社の強みを生かしていくとのこと。

 プラットフォームは、ほかの金融機関やEC事業者向けに提供するほか、法人向けの社内認証サービスとしての提供や、海外での展開も目指すとしている。

INTERNET Watch,岩崎 宰守

最終更新:9月16日(金)13時57分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]