ここから本文です

小池氏、豊洲地下空洞で当時の専門者会議を再招集へ

日刊スポーツ 9月16日(金)10時7分配信

 小池百合子都知事は15日、豊洲市場の建物下に盛り土を行う方針を決めた当時の専門者会議を、近く再招集する方針を示した。

 座長だった平田健正氏(現・放送大学和歌山学習センター所長)ともすでに面会しており、開催時期を調整する。都議会共産党などの調査で、地下に水がたまっていることが確認されたが「水質だけでなく、大気も調べないと正しい分析にはならない。きっちり調べたい」と述べた。

最終更新:9月16日(金)10時7分

日刊スポーツ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。