ここから本文です

【パラ陸上】美女スプリンター辻、びっくり「銅」東京五輪へ「もっといいメダル欲しい」

スポーツ報知 9月16日(金)6時6分配信

◆リオデジャネイロ・パラリンピック ▽女子400メートル(T47・上肢切断など)決勝(14日・オリンピックスタジアム)

 美女スプリンターの辻沙絵(21)=日体大=が女子400メートル(切断などT47)で銅メダル。「信じられない。頑張ってきて良かった」と興奮を隠しきれなかった。数年前まで打ち込んでいたハンドボールで養った基礎体力が、瞬発力とスタミナが必要な400メートルに効いた。20年東京大会に向け「もっといいメダルが欲しいし、速くなりたい」と世界の頂点をみつめた。

 ◆辻 沙絵(つじ・さえ) 1994年10月28日北海道生まれ、21歳。T47(上肢切断など)。先天性により右上肢のすべての指を欠損。小学生5年からハンドボールに打ち込むようになり、高校時代にはインターハイ出場の経験を持つ。スポーツ推薦で日体大に入学。15年から陸上を始め、初めて出場した国際大会で100メートル6位。16年4月の大分パラ陸上では、59秒96と日本記録を更新した。

最終更新:9月16日(金)6時6分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。