ここから本文です

ホンダ、新型「フリード」発売 人気のコンパクトミニバン

ITmedia ビジネスオンライン 9月16日(金)16時55分配信

 ホンダは9月16日、コンパクトミニバン「フリード」をフルモデルチェンジし、発売した。3列シートと2列シート、コンパクトミニバン初のハイブリッド4WDなどのバリエーションを豊富にそろえている。5ナンバーミニバンではトヨタ自動車の「シエンタ」がヒットしており、フルモデルチェンジで対抗する。

【キャプテンシートも備えるフリードのインテリア】

 フリードのフルモデルチェンジは2008年の初代発売から初めて。2代目は、3列目のヒップポイント間距離を初代から90ミリ拡大したほか、ウォークスルー幅を広げるなど、スペースの余裕を広げている。

 ガソリン車は1.5リットル(CVT)、ハイブリッド車では1.5L+1モーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を採用。燃費(JC08モード)はガソリン車で19.0キロ/リットル、ハイブリッド車で27.2キロ/リットルを達成している。

 「Spike」は廃止し、3列シートの「フリード」と2列シートの「フリード+」、福祉車両をラインアップする。フリードは188万~272万8200円(税込)、フリード+は190万~274万8200円(同)。

最終更新:9月16日(金)16時55分

ITmedia ビジネスオンライン