ここから本文です

糸井 先頭打者弾含む3発で上機嫌「きょうは筒香と呼んで」

スポニチアネックス 9月16日(金)7時1分配信

 ◇パ・リーグ オリックス5-1日本ハム(2016年9月15日 札幌D)

 バスに乗り込む直前、上機嫌のオリックス・糸井が宣言した。「きょうは筒香と呼んでください!」。もっか40本でセの本塁打キングを走るDeNAの主砲を例に出して、自らの爆発ぶりを称した。初回、メンドーサの初球直球を右翼席へ運ぶ13号ソロで先制。DeNA桑原も初回表の初球先頭打者弾を放ち、同日での2球場での達成は史上初のことだったが、糸井はそれだけでは終わらなかった。

 2回には、1死一塁でまたもメンドーサの直球を右翼席に運ぶ14号2ラン。さらに7回の先頭、鍵谷の初球150キロを見逃さず、逆方向に運ぶ豪快な15号ソロ。1試合3発はプロ13年目でも初めてで、球団の日本人選手では93年の藤井康雄以来23年ぶりの快挙だ。リーグ優勝を争う日本ハムに冷や水を浴びせた。

 今季3月に国内FA権の取得条件を満たした。行使すれば阪神など複数球団が名乗りを上げる可能性があり、今オフは動向に注目が集まる。史上最年長タイを目指す盗塁王と、爆発力のある打棒で、糸井株はさらに上昇。そして、最大の魅力は宇宙人とも称される独特の感性だ。

 古巣の札幌ドームでのヒーローインタビューで、いろんな思いがあるかと聞かれて「あります」とニヤリ。12年まで在籍した日本ハムのファンにメッセージを求められ「ちょっと、頑張ってください」と糸井語録で笑いを誘った。チームは最下位低迷で秋風漂うが、「優勝争いをしているチームがうらやましいが、一試合一試合全力でやるだけです」と反攻宣言。目が離せなくなってきた。

最終更新:9月16日(金)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]