ここから本文です

自民党都議団が豊洲視察=石原氏は沈黙―築地移転問題

時事通信 9月16日(金)12時12分配信

 東京都の築地市場(中央区)の移転をめぐる問題で、自民党都議団は16日、移転先に予定される豊洲市場(江東区)の視察に入った。

 土壌汚染対策の盛り土がなされず、地下に水がたまっていた各棟の状況などを実地検分した。島崎義司都議は視察後、記者団に「都が今、調査しているので、結果を早く出してほしいと伝えた」と語った。

 汚染対策として盛り土ではなく、「地下にコンクリートの箱を埋める」という工法もあると2008年、知事会見で発言した石原慎太郎氏の自宅前には同日、報道陣が詰め掛けた。石原氏は同日午前の取材には応じなかった。 

最終更新:9月16日(金)13時18分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。