ここから本文です

金子快投8回途中1失点 ふくらはぎ張りで降板も「問題ない」

スポニチアネックス 9月16日(金)7時1分配信

 ◇パ・リーグ オリックス5-1日本ハム(2016年9月15日 札幌D)

 オリックスの金子が快投で敵地を沈黙させた。5回まで1四球だけの無安打投球。糸井が「ヒットを打たれなかったので、ちょっと(守備で)緊張していました」と振り返ったように独特の緊張感に包まれた。

 6回に中島に中前打を浴びてストップしたが、8回途中まで4安打1失点。降板理由は、両ふくらはぎに強い張りを感じたためだが、「投げたら迷惑が掛かると思った。問題ない。次もいけます」と大事に至らなかったことを強調した。これで7勝7敗と星を五分に戻し、次回は勝ち越しを狙う。

最終更新:9月16日(金)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]