ここから本文です

一連の台風被害、激甚災害に閣議決定 復旧補助引き上げ

朝日新聞デジタル 9月16日(金)13時55分配信

 政府は16日、岩手県に上陸した台風10号をはじめ、8月に上陸した四つの台風などによる被害について、激甚災害に指定することを閣議決定した。自治体が取り組む災害復旧の事業費用に対する国からの補助率が、1~2割程度引き上げられる見通しだ。

 被害の期間は8月16日~9月1日。河川や道路などの公共土木施設に加え、農地や水路といった農業用施設などの災害復旧事業費への国庫補助率が、被害が大きかった自治体を対象に引き上げられる。14日現在の復旧事業費の見込み額は、公共土木施設関連で2332億円、農地などで126億円という。再建を図る中小企業についての特例措置は、北海道と岩手県の計4市町が対象となる。

 激甚災害の指定は、復旧事業費の見積額が、自治体の税収入の一定基準を上回ることなどが条件。今年4月の熊本地震も指定された。

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)15時51分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。