ここから本文です

【テニス】錦織、単“代打”出場も!植田監督が直前のメンバー変更示唆…デ杯WG入れ替え戦

スポーツ報知 9月16日(金)5時3分配信

 男子テニスの国別対抗戦・デ杯ワールドグループ(WG)入れ替え戦、日本・ウクライナ戦が16日から3日間、大阪・靱(うつぼ)テニスセンターで開催される。15日は同会場で組み合わせ抽選が行われ、男子シングルス世界ランク5位の錦織圭(26)=日清食品=が、大会2日目の17日にダブルスで出場することが発表された。

【写真】錦織ヘトヘト

 大会は3勝先取でシングルス4試合、ダブルス1試合の合計5試合が行われる。錦織はシングルス2試合の出場が見込まれていたが、まさかのダブルスのみでのエントリーとなった。

 植田実監督(59)は「ルールにのっとってやっていく」と、直前のメンバー変更で“代打・錦織”の奇策を行うことを示唆。18日のシングルス第3戦は試合の1時間前、同第4戦は第3戦の終了後10分以内ならメンバー変更が可能。疲労が懸念される錦織を負担の軽いダブルスで起用し、状況を見ながら勝負どころのシングルスに送り込む算段だ。

 錦織は「みんなで相談した結果。任せられる選手がいるので」と不敵にほほ笑んだ。日本は全4選手が世界ランク100位内に入る層の厚さを生かした戦法で、WG残留を狙う。

(岡島 智哉)

最終更新:9月16日(金)7時59分

スポーツ報知