ここから本文です

「鷹の爪」のDLEから聞き覚えのあるアプリ「タカモンGO」登場 「歩かなくてOK」「ボール投げ放題」に漂うクソゲー臭

ねとらぼ 9月16日(金)18時38分配信

 「秘密結社 鷹の爪」を手掛けるDLE Inc.が、新ゲームアプリ「タカモンGO」を開発しました。タイトルとイメージ画像から香る既視感が半端ない。

【既視感ある「タカモンGOぷらす」】

 内容に関する具体的な紹介は一切なく、「位置情報不要で歩かなくてOK!」「どんな田舎でもボール投げ放題」と、ただただ「Pokemon GO」(ポケモンGO)を意識した説明がなされています。「初めてプレイしたはずなのにサクサク進めるあなたは、きっと驚きを隠せないことでしょう」ともありますが、驚くとしたらもっと別の部分じゃないでしょうか。たぶん元ネタへの微妙な似せ具合とか。

 AndroidとiOS向けに、9月のリリースを予定。鷹の爪団の吉田くんのTwitterによると、14日に申請が完了したようです。

 予約トップ10で予約した人には、「タカモンGOぷらす」なる謎ガジェットの制作キットが配布されます。これまた「ポケモンGO Plus」を意識した企画ですが、歩かず遊べるゲームなのにいったい何の意味が。「すごい軽いらしい」「その気になれば量産も可能」との説明から、ものすごくシンプルな紙工作が待っていそうな気がするので、手先の器用な人はぜひ挑戦を。

最終更新:9月16日(金)18時38分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]