ここから本文です

「Pokémon GO」関連アプリをかたるトロイの木馬に注意

Impress Watch 9月16日(金)14時52分配信

 Kaspersky Lab(カスペルスキーラボ)は14日、人気ゲーム「Pokémon GO」の関連アプリに見せかけた不正アプリ(トロイの木馬)をGoogle Playで発見したと報告した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回発見されたトロイの木馬は「Guide for Pokémon GO」という名で配信されていた。表面上は「Pokémon GO」の遊び方を紹介するガイドアプリとして振る舞うが、バックグラウンドでAndroid OSのroot権限を取得し、他の不正アプリをインストールしたり、消しづらい迷惑広告を表示したり、といった不正な動作を行う。

 「Guide for Pokémon GO」はすでにGoogle Playから削除されているが、すでに50万回以上ダウンロードされており、これまで6000件以上の感染事例が確認されているという。また、Kaspersky Labの調査によって、同種のトロイの木馬に感染したアプリが少なくとも9本、Google Playで提供されていたことが明らかになった。

 Google Playでは配信時に不正なアプリではないかをチェックしているが、このトロイの木馬はそれを回避する機能を持っていたと見られている。

 「Guide for Pokémon GO」は、インストールされた後、仮想環境ではなく実端末で動作していることを確認するまでは、不正な動作を行わない。実端末で動作していることを確認してから、デバイスの詳細情報を攻撃者のサーバーに送信し、応答があった場合に初めて攻撃を実行するという。標的にしたくないユーザーへの攻撃を中止できるコントロール機能を備えていると推測される。

 カスペルスキーは感染しているかどうかを確認するために、セキュリティソフトで端末をスキャンすることを推奨している。感染していた場合は、端末を初期化することで完全に除去できる。同社のセキュリティソフトでは、今回のトロイの木馬を「Trojan.AndroidOS.Ztorg.ad」として検知する。

ケータイ Watch,石井 徹

最終更新:9月16日(金)14時52分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]