ここから本文です

<沼田城>真田丸の舞台を3Dで スマホアプリで再現

毎日新聞 9月16日(金)19時29分配信

 NHK大河ドラマ「真田丸」の舞台の一つ、群馬県沼田市の沼田城を再現させるスマートフォン専用の画像アプリを県立沼田高OBの金井修さん(55)と宇田川利明さん(44)が作った。

 タイトルは「真田のやぼう 3D沼田城」。沼田城は真田幸村の兄信之が一時、城主となったが、江戸時代に取り壊された。ゲームとクイズでためたポイント数に応じて、瓦や木材などの材料を集め、城を再現していく。

 アプリでは、オリジナルの城下町や武家屋敷も作れ、街が出来上がる様子を3D表示で楽しめる。2人とも県内のコンピューター関連会社の社長で、「地域活性化につながれば」と期待。【米川康】

最終更新:9月16日(金)20時16分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。