ここから本文です

「鉄腕アトム」とロックバンド・KISSがコラボ!絵画やグッズで共演

コミックナタリー 9/16(金) 16:49配信

手塚治虫「鉄腕アトム」とアメリカのロックバンド・KISSのコラボレーション絵画が、10月13日から31日まで東京・ラフォーレミュージアム原宿にて行われる展覧会「KISS EXPO TOKYO 2016~地獄の博覧会~」で展示される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「鉄腕アトム」と海外のロックバンドがコラボレートするのはこれが初めて。KISSメンバーのジーン・シモンズ(Vo, B)がアニメ「ASTRO BOY 鉄腕アトム」の大ファンであること、手塚プロダクション取締役の手塚るみ子がKISSの大ファンであることから実現した。

コラボについてシモンズは、「アストロボーイは、子供時代の懐かしい想い出をよみがえらせてくれる。昔、まるで自分がアストロボーイになったつもりでソファーから飛び降りていたのを想い出す」とコメント。一方手塚るみ子は、「いつかキッスとアトムをコラボレーションさせてみたい……。そして15年の時を経て、今その夢が叶う日がやってきました。時を越えて。空を越えて。ららら♪ そう、今日からアトムもキッスアーミーです」と喜びを露わにした。

絵画は手塚プロダクション監修のもと、イラストレーターの金子ナンペイが制作。KISSのアルバム「Love Gun」「Destroyer」のジャケットをモチーフに、メンバーとアトムたちとの共演が描かれた。また会場ではKISSメイクをしたアトムのTシャツ、絵画のクリアファイルやキャンバスアートを販売。展示会の公式サイトでは、グッズや展示物の一部を公開しているので覗いてみては。

ジーン・シモンズ(KISS)コメント
Astro Boy brings back fond memories of my childhood. I remember jumping up from the couch and imagining I was Astro Boy - fighting dastardly villains, flying through the skies...the little robot boy who defended all of us from evil.

アストロボーイは、子供時代の懐かしい想い出をよみがえらせてくれる。 昔、まるで自分がアストロボーイになったつもりでソファーから飛び降りていたのを想い出す。そう、邪悪な悪者と闘い、空を自在に飛び、全ての人を悪から守ってくれた、小さなロボット・ボーイになったつもりで。

手塚るみ子コメント
2001年、キッスのフェアウェルツアーの前日、私の目の前には憧れのロックスター、ジーン・ジモンズが座っていました。それは彼のアートグラフの記者発表でしたが、親日家のジーンは子供の頃に影響を受けたTV番組に日本のアニメ「アストロボーイ」があったと話し、その場で主題歌を口ずさんでくれたのです。なんという感動だったでしょう!あのジーンが父のアトムを!!その時から私には一つの夢ができました。いつかキッスとアトムをコラボレーションさせてみたい……。そして15年の時を経て、今その夢が叶う日がやってきました。時を越えて。空を越えて。ららら♪ そう、今日からアトムもキッスアーミーです。

KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~
期間:2016年10月13日(木)~31日(月)
時間:11:00~21:00 ※最終入場20:00、10月13日は18:00~21:00
会場:ラフォーレミュージアム原宿
料金:一般1600円、学生1200円 ※前売り一般入場券には特典ステッカー付き

(c)TEZUKA PRODUCTIONS

最終更新:9/16(金) 16:49

コミックナタリー