ここから本文です

AMEMIYA、デジモン新シリーズ「アプモン」のゲームはじめました

お笑いナタリー 9月16日(金)17時0分配信

昨日9月15日、千葉・幕張メッセで現在開催されている「東京ゲームショウ2016」にて「スタート直前!このブームに乗り遅れるな!アプモンプロジェクトステージ」が展開され、AMEMIYAがゲスト出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

株式会社バンダイナムコエンターテインメントのブースにて行われたこのイベントで、登壇者たちは「デジモンユニバース アプリモンスターズ」をPR。この通称「アプモン」はアニメやゲームなどで知られる「デジモン」の新シリーズで、読書好きの少年ハルと検索アプリのモンスター・ガッチモンの凸凹コンビがネットと現実世界を駆けめぐるストーリーだ。ステージではアニメやゲーム、出版などを横断する「アプモンプロジェクト」が紹介された。

AMEMIYAはこのプロジェクトについて「アプモンを身近に感じることができる」と印象を語ったほか、「アプモンの流行に乗ってもう一発当てたい。冷やし中華のアプリのモンスター、“アメモン”を作ることもご検討ください」と提案する。また「アプモンのために斬新な新曲を作ってきました」という前置きから「アプモンのゲームはじめました」と題したネタを披露し、「私生活ではなかなかもう冒険できないからアプモンのゲームはじめました」といった歌詞で会場を沸かせた。

最終更新:9月16日(金)17時0分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。