ここから本文です

【日本ハム】メンドーサ、糸井に2被弾で7敗目「大事な試合だっただけに悔しいね」

スポーツ報知 9月16日(金)6時6分配信

◆日本ハム1―5オリックス(15日・札幌ドーム)

 日本ハムのルイス・メンドーサ投手(32)が15日のオリックス戦(札幌D)に先発したが、糸井に2被弾を浴びるなど、5回途中9安打4失点で今季7敗目を喫した。

 1球で流れを奪われた。初回。先頭の糸井に内角141キロの直球を右翼席へ運ばれ、プレーボール弾で先制を許した。「思った所に投げたつもりなんだけど、打たれてしまった。実力の無さを痛感した。大事な試合だっただけに悔しいね」と振り返った。

 さらに2点ビハインドの2回にも1死一塁から再び糸井に2ランを浴び、2回までにまさかの4失点。試合後は「糸井さんは調子がよかった。一人にやられてしまった」と、1試合3発を放った好打者に脱帽するしかなかった。

 チームは連敗を喫し、首位・ソフトバンクとのゲーム差は「0・5」に開いた。試合後、栗山監督は「こういう時期もあるけど、何とかするのがこっちの仕事。何とかします」と前を向いた。メンドーサの次回登板予定は23日の楽天戦(札幌D)。シーズン最後の登板になる可能性もあるが「今まで通り調整していきたい」。7月26日の西武戦(西武プリ)で7勝目を挙げて以降、遠ざかっている白星を次はつかむ。

最終更新:9月21日(水)10時45分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。