ここから本文です

幸せ度マックス! 『しあわせ荘の管理人さん。』ステージイベントリポートをお届け【TGS 2016】

ファミ通.com 9/16(金) 23:12配信

文・取材:編集部 ばしを、撮影:カメラマン 曽根田元

●幸せそうな『しあわせ荘の管理人さん。』の魅力を大紹介
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。ディースリー・パブリッシャーブースでは、2017年冬の発売を予定しているプレイステーション VR対応ソフト『しあわせ荘の管理人さん。』のステージイベント“しあわせ荘の管理人さん。しあわせ度チェック”が行われている。ここでは、16日に開催されたステージの模様をお届け。

 イベントステージには、本作のプロデューサーを務める岡島信幸氏が登壇。まずは、14日に公開されたばかりのプロモーションビデオの紹介が行われた。

 本作はこれまでにないタイプの恋愛アドベンチャーゲームであると、岡島氏。日本のどこかにある地方都市にある花咲市の郊外にある、レトロな雰囲気ながらゴージャスなマンション、しあわせ荘。ここに住む3人の女性と、新しく管理人として赴任するプレイヤーのコミュニケーションを楽しめる作品となっている。

 しあわせ荘はバブル期にお金持ちが別荘として建設した建物とのことで、それを改築してマンション化したため、地下には25メートルのプールや、フィットネスジムといった設備があるとのこと。「プールやフィットネスがあるということは、当然更衣室もあります。更衣室は男のロマンですよね」と、岡島氏は熱く語っていた。ちなみに、管理人として滞在する期間は90日。この期間内に、住人たちと仲良くなり、ハッピーエンドを迎えるのがゲームの目的となっている。

 ここで、本作のヒロインともいえる3人の住人たちを岡島氏みずから紹介。最初は、清楚な雰囲気を持つ302号室の桜井静香さん。ちょっとお嬢様なのに、巨乳キャラという属性がたまらないと、岡島氏。

 つぎに紹介されたのは、204号室の住人である橘・バルバラ・クリスティーネさん。モデルの仕事をしている18歳の学生とのこと。

 最後に紹介されたのは101号室の住人、竹山日真里さん。幼い見た目ながら3人のなかで最年長とのことで、しあわせ荘のことをいちばん熟知しているとのこと。ほかの住人たちにも頼られる、お姉さん的存在のよう。

 続けて、しあわせ荘の各住人と、管理人の部屋を紹介。ちなみに、今回の東京ゲームショウ 2016のディースリー・パブリッシャーブースでは、この3人の部屋を模した本作の試遊ブースが用意されており、いち早くしあわせ荘管理人の気分を味わうことができるようになっている。

 次に紹介されたのは、管理人の仕事について。管理人がジムにバランスボールを設置したことにより、クリスさんが試してくれている場面が紹介された。実際のゲームでは、バランスボールのうえで上下動しているクリスさんを、目の前で愛でることができるとのこと。「つまり、クリスさんの上のバランスボールもボヨンボヨンしてくれるということです」と、岡島氏は強調して説明していた。

 続けて紹介されたのは、誰かのシャワールーム前の場面。岡島氏曰く、シャワールームの鍵が壊れていて、そのままだと怖いから外での監視を頼まれているシチュエーションのようだが、「住人が入浴しているところを生暖かく見守ることも、管理人の大事なお努めです」と熱弁をふるっていた。

●いよいよしあわせを感じる実機プレイを披露
 本作のキャラクターや基本情報の説明を終えたところで、いよいよ実機での実演プレイを披露。岡島氏は、黒髪ロングヘアーで、胸が大きくて、お金持ちのお嬢さんが好みと言うことで、桜井さんを選択。今回の実機プレイはスクリーンに映し出された状態で実演されていたが、プレイステーション VRを使用することで、このやりとりがプレイヤーの眼前でくり広げられることになるので、「この視界が自分の目の前に広がっていると思って楽しんでください」と、会場の観客に向けてアピール。

 ちなみに、今回のイベントステージで披露されるたものは、会場の試遊台と同じバージョンと同じなので、東京ゲームショウ 2016の会場に足を運べば体験することが可能。残念ながらVRの試遊ではないが、本作の雰囲気がどのようなものかをつかむ分には問題ないだろう。

 しばらく部屋でやりとりをしていると、桜井さんは地下のプールに移動。桜井さんの胸元に近づいてみたりしながら、「こんな場面、現実の世界ではまずないですからね」といいながら、桜井さんの周りを舐め回すように移動する岡島氏。

 「いかにVRの世界がすばらしいか。しあわせ荘の管理人がすばらしいかを実感してもらうため、本日はドリームマシンを持ってきました」と、ここで秘密兵器を投入。ディースリーが開発したツールで、どうやら岡島氏の見ている映像を共有できる器具とのこと。

 ここで、観客たちに“しあわせ荘”のしあわせ気分を体験してもらうためのスペシャルゲストとして、ゲーム中の3人のキャラクターに扮した女性達がステージ上に登場。さらに、声優の姫野つばささんも登壇。「これはVRを使うとこんな風に見えるという、あくまでゲームのプロモーションです」と岡島氏は語り、ドリームマシンを使って“しあわせ荘”のリアル体験共有がスタート。

 司会進行役の女性から「傍から見ているとただの変態ですよ」と窘められつつも、「『しあわせ荘の管理人さん。』は、プレイステーション VRを使うことで、こんな楽しみ方ができるんです」と、めげることなく管理人の体験共有を続行。

 ひととおりの実演プレイと、“ドリームマシン”での共有体験を終えた岡島氏は、最後に「ただいま管理人さん大募集中です。2017年冬に発売予定となっているので、皆さん、ぜひチェックをよろしくお願いします」と締めくくり、本ステージイベントは終了となった。
 なお、今回のイベント“しあわせ荘の管理人さん。しあわせ度チェック”は、東京ゲームショウ 2016の一般デイとなる17日は13時30分から14時、18日は12時30分から13時に行われる。前述した試遊台も用意されているので、この冬に管理人を希望する方は、ぜひとも東京ゲームショウ 2016のディースリー・パブリッシャーブースに足を運んでみてはいかがだろうか。

しあわせ荘の管理人さん。
メーカー:ディースリー・パブリッシャー
対応機種:プレイステーション4
発売日:2017年冬発売予定

最終更新:9/16(金) 23:12

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]