ここから本文です

Apple 表参道でSIMフリーの「iPhone 7」を買うまでの軌跡

ITmedia Mobile 9/16(金) 19:29配信

 9月16日、いよいよ「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の販売が始まりました。両機種ともにジェットブラックが予約分だけで品切れとなり、iPhone 7 Plusについては他の色も当日購入できないほどの人気となっているようです。

【発売前夜の表参道】

 今回のiPhoneは史上初の“日本専用”モデルで、FeliCaや1.5GHz帯のLTE(Band 11/21)に対応していることが大きな特徴です。

 筆者は3月31日に「iPhone SE」を購入したばかりですが、FeliCaを使った「Apple Pay」には大いに興味がありますし、iPhone初のIP67等級の耐水性能も試してみたいので、iPhone 7を購入することにしました。

 この記事は、筆者がiPhone 7を購入するまでのドキュメントです。

●9月8日の夜中(日本時間)

 筆者がiPhone 7の購入を決めたのは、9月8日の夜中(日本時間)に行われたAppleのキーノート(プレゼンテーション)でした。FeliCaが紹介された後、購入資金の確保などの事前策を全く考えずに……。

●9月9日16時1分ごろ

 9月9日16時1分、AppleのWebサイトとNTTドコモ・au(KDDIと沖縄セルラー電話)・ソフトバンクのWebサイトと取扱店でiPhone 7の予約が一斉に始まりました。

 予約に集中すべく、筆者は予約開始時間前後を休憩時間とする対策を講じました。筆者としては異例の臨戦態勢です。

 購入するのはiPhone 7の32GBモデルと決めていました。iPhone SEでSIMロックフリー版の利便性を体感していたので、SIMロックフリー版をApple Storeで購入します。

 しかし、16時1分になっても、購入用Webサイトはいわゆる「We'll be back soon」状態。「まさか、他の人はサイトが表示されて、すでに予約を完了しているのではないか……?」と焦りが筆者を襲います。

 16時13分ごろ、ようやく購入用Webサイトがオープンし、手続きを始めました。ストレージ容量は先述の通り32GBと決めていましたが、ボディーカラーは決めていません。「ブラックはカッコいいから欲しいけど、16日入手は厳しいだろうなぁ……」と思った筆者は、iPhone SEと同じローズゴールドの32GBモデルを選択。

 iPhone SEの購入時は事前に資金の手当てをしていました。しかし、思いつきに限りなく近い今回の購入では、それができません。

 そこで、Appleのショッピングローン(オリエントコーポレーション提供)を利用し、12回の分割払いで……購入しようとしましたが、なぜか選択できず。結局、迅速な注文を優先するために手持ちのクレジットカードで購入手続きを進めました。

 Apple StoreのWebサイトで購入した場合、宅配便による配送とApple Storeでの受け取りが選択できます。1分1秒でも早く手に入れたかった筆者は、せっかくだからと「Apple 表参道」での受け取りを選択しました。受け取り時間は運良く「9月8日8時~8時30分」。いち早く手に入れられそうです。

●9月15日15時ごろ

 発売前日の9月15日。まもなくiPhone 7と出会えると興奮したのか、体調を崩してしまった筆者。Appleからのピックアップ(商品引き取り)案内メールもなかなか到着しないので、表参道から約2kmの位置にあるカプセルホテルを予約しました。不安に駆られて、来店連絡がなかったら当日販売分を買おうと判断をしたのです。

●9月15日20時前後

 体調も良くないこともあり、早めに仕事を切り上げようと思った20時ちょっと過ぎ、1通のSMSがスマートフォンに届きました。差出人は、見知らぬ携帯電話番号です。

 「何だろう?」と思って見てみると、「注文の商品がチェックイン時間内にお受取可能です」という本文と、AppleドメインのURLが記載されています。これはもしや、と思い自分の電子メールアカウントをチェックすると、SMS受信の15分ほど前に「明日にお受け取りいただけます」というメールがAppleから届いていました。

 iPhone 7をより早く確実に購入できることになり、ほっと一安心です。明日(16日)遅刻しないように、という意味でカプセルホテルの予約はそのまま維持することにしました。

●9月15日22時前

 並ぶ必然性はなくなったとはいえ、Apple 表参道にできているという行列の様子は気になるところです。そこで、カプセルホテルに向かう途中、表参道駅で途中下車して状況を確かめることにしました。

 数えてみたところ、行列に並ぶ人は40人ほど。特に大きな混乱は見られず、並ぶ人は思い思いのことをして過ごしているようでした。

●9月16日6時50分頃

 いよいよ発売日の9月16日です。ある程度しっかり睡眠を取ったおかげで、体調も少し良くなりました。カプセルホテルを6時30分頃出発し、約20分ほどでApple 表参道に到着。行列は少し伸びており、70人ほどになっていました。

 並ぶと、Apple 表参道のスタッフの方がストア内での写真撮影に関する同意を並んでいる人から取り始めました。が、事前予約者は別に列を後で作るということが判明し、この列から離れることになりました……。

●9月16日7時30分頃

 7時30分頃、予約者用の列を作り始める、ということで並ぶことに。ここで図らずも先頭になってしまいました……。

 同じ頃、当日販売分の列に並んでいる人たちの購入手続きも始まりました。Appleからの発表通り、iPhone 7のジェットブラックとiPhone 7 Plusの全色は選べなかったようです。また、列に並んでいる人の中にはiPhone 7/7 PlusではなくApple Watchの新モデル目当てに来た人もいるようです。

●9月16日7時50分頃

 7時50分頃、Apple 表参道の店内ではスタッフの最終ブリーフィングが始まりました。店内に入って右側には、iPhone 7/7 Plusの展示機も備え付けられ、準備は万全です。

●9月16日8時

 8時になった瞬間、店員の誘導で予約済みの人から店内に入っていきました。店員の熱い出迎えを受けつつ、筆者を含む予約済みの人は地下へ、当日購入者は1階に誘導されました。

 予約済みの場合、すでに決済は完了しているので注文番号と注文者本人であるかどうかの確認が済むとすぐに本体の引き渡しとなりました。アクセサリー類など、別に購入したいものがある場合は、店員に申し出れば買えました(ただし別会計)。

●9月16日8時10分頃

 筆者の手元にiPhone 7がやってきました。とりあえず、その場では封を切らずに持ち帰ることにしました。とりあえず無事購入できて何よりです。

 恐らく、予約開始日(9日)に休憩時間をずらして全力で待機したことと、人気になるであろう構成をあえて避けたことが奏功したのでしょう。

 これからiPhone 7をじっくりと使って、ITmedia Mobileの読者の皆さんに有益な情報を届けられたら、と思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最終更新:9/16(金) 20:04

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。