ここから本文です

DeNA三浦、プロ野球記録の24年連続勝利は持ち越し

デイリースポーツ 9月16日(金)19時42分配信

 「阪神2-1DeNA」(16日、甲子園球場)

 DeNA・三浦が今季2度目の先発マウンドに立ったが、五回途中まで投げて2失点で降板し、プロ野球新記録となる24年連続勝利は持ち越しとなった。

 1-0の初回、福留に逆転2ランを浴びると、五回は1死から投手の秋山に右前打、続く北條に右翼線二塁打を打たれ、二、三塁。ここでラミレス監督は砂田をマウンドに送った。代わった砂田は後続を断って得点は許さなかったが、試合はそのまま敗れ、三浦は今季2敗目を喫した。

 降板後は球団を通じて「今季2度目の登板、そして久しぶりの甲子園でしたが落ち着いてマウンドに上がることができました。初回、福留選手にカウント3-0としてしまい、振ってくると分かってはいたがコントロールしきれなかったです。五回は投手にヒットを許し、その後ランナーをためてしまったところは自分が投げきらなければいけないですね。早いイニングでマウンドを降りてしまうことになり、ブルペン陣に迷惑を掛けてしまい申し訳ないです」とコメントした。

 今年12月で43歳になる三浦は、今季がプロ25年目。プロ2年目の1993年から毎年、勝ち星を挙げており、工藤公康(西武、巨人など)、山本昌(中日)と並んでプロ野球記録の23年連続勝利をマーク。今季勝ち星を挙げれば、プロ野球記録を更新する。

最終更新:9月16日(金)22時25分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]