ここから本文です

ハリセンボン近藤春菜、志村けんからダメ出し

日刊スポーツ 9月16日(金)12時34分配信

 ハリセンボンの近藤春菜(33)が、肺炎で入院中だった志村けん(66)からメールでダメ出しされていたことを明かした。

【写真】志村けん肺炎で入院 終演後に体調悪化し舞台中止

 志村は先月19日に肺炎で倒れ、約2週間入院していたが、同31日に退院。今月16日には都内で行われたイベントに出席し、元気な姿を見せた。

 16日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」ではそのイベントの模様をVTRで放送。サブMCを務める近藤は、同局系「天才!志村どうぶつ園」で志村と共演しており、「志村さんの『だいじょうぶだぁー』が聞けてほんとに安心しました」とコメント。「お客様も待ってますから、また大暴れしてほしいですね」と期待を寄せた。

 また、「療養されてるときも『スッキリ!!』を観てくださってて、メールをくださったり。それで私『お元気だ、良かった』って思ってた」と入院中の志村からメールが送られてきたそうで、「『ワイプの顔が怖いぞ』って」とダメ出しされたことを明かした。

最終更新:9月16日(金)21時55分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。