ここから本文です

安野モヨコ原作「オチビサン諸国漫遊記」、FODと地上波で一挙放送!

ねとらぼ 9月16日(金)19時49分配信

 安野モヨコさんがAERAで連載中の漫画「オチビサン」が、FOD(フジテレビオンデマンド)のオリジナル番組「オチビサン諸国漫遊記」として実写化! 京都・奈良編全6話がFODで9月16日から、9月20日2時25分からは再編集版が地上波で一挙放送されます。

【「阿以波」「緑寿庵清水」「日吉屋」などの職人が登場】

 原作は、鎌倉のどこかにある「豆粒町」に住むオチビサンと仲間たちを描いた1コマ漫画。季節の恵みを感じながら過ごすオチビサンたちの日々が人気の作品です。

 そんな原作から実写の世界に飛び出したオチビサン。京都・奈良編では、創業300年京うちわの伝統を今に伝える「阿以波」、日本で唯一の金平糖専門店「緑寿庵清水」、日本で唯一の墨型彫刻師である中村雅峯さんの奈良墨「墨型 工房なかむら」、日本一高速で餅をつくよもぎ餅「中谷堂」など、伝統を受け継ぐ職人の下を訪れ、その技術や仕事への思いを伝えます。

 「働きマン」「ハッピーマニア」など、強く勢いのある登場人物を描いてきた安野さんの作品群の中で、穏やかでゆったりとした日常が広がる「オチビサン」は異色の作品。人気漫画家として多くの連載を抱え、忙しさで体調を壊してしまったことのある安野さんが唯一描き続けたという同作は、描くごとに作者自身の心を癒してくれる特別な作品だったそう。実写版となる同番組でも、原作の魅力が詰まっているのでしょうか。

最終更新:9月16日(金)19時49分

ねとらぼ