ここから本文です

ゲーム業界のお祭り「東京ゲームショウ」一般参加のポイントは“公式アプリ”

ITmedia ビジネスオンライン 9/16(金) 19:52配信

 9月15日から18日にかけて幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ」。最新ゲームをプレイできたり、ゲームに関するトークイベントが行われたり、最新の技術を体感したり、新情報が公開されたり――とゲームファンなら注目必至の“ゲーム業界のお祭り”だ。

【東京ゲームショウ2016の写真をもっと見る】

 今回は37カ国・地域から過去最多となる614の企業と団体が出展し、過去最大規模に。15日・16日はゲーム業界の関係者が参加するビジネスデーで、17日・18日は一般のゲームファンも参加できる一般参加日となっている。前売券は1000円、当日券は1200円(小学生以下は無料)。

 ITmedia ビジネスオンラインの読者の中にも、一般参加を予定している人、「参加してみようかな……」と興味を持っている人もいるのでは。一足先にビジネスデーに参加してきた筆者から、参戦のポイントを簡単にご紹介しよう。

●アプリをダウンロードすべし

 幕張メッセは非常に広大。東京ゲームショウでは、1~8ホール、別館の9~11ホールまでをフルに使っている。また、会議室でもセミナーが行われている。

 会場内でパンフレットは手に入るが、検索性は低め。また、各ブース内で行われているトークイベントなどは掲載されていない。

そこでオススメしたいのが公式アプリ「TGS2016」のダウンロード(無料)。出展社情報、スケジュール、会場MAPなどを閲覧できる。「お気に入り」機能を使えば、「あっ、このブースに行き忘れた!」という悲劇も避けられるかも。

●超便利な「試遊待ち時間」

 「TGS2016」アプリの機能でもっとも“使える”のは、「試遊待ち時間」表示機能。東京ゲームショウでは最新ゲームの試遊や体験ができるが、人気タイトルは待ち時間が長くなりやすい。16日の午後には、多くのタイトルが1時間以上待たないとプレイできない状態になっていた。

 こうした待ち時間は、各ブースやホール内のデジタルサイネージ(電子看板)に表示されている。だが、各ブースに行って確かめるのは無駄が多いし、サイネージは会場内に数が少ない。

 そこで活躍するのがアプリだ。わざわざそこに行かなくても待ち時間を把握でき、「このタイトルは待ち時間が少ないから行ってみよう」といった行動もできる。そこで、自分好みのゲームと新しい出会いもあるかもしれない。

 なお、整理券制度や抽選制度を導入しているブースも多い。例えば人気ブラウザゲーム「刀剣乱舞」(DMM GAMES)では初めての試みとしてVRコンテンツを出展しているが、一般公開日では体験できるのは事前の抽選で当選した人だけ。お目当てのゲームが当日行ってもプレイできない――といった事態にならないよう気を付けよう。

●“目”にご注意

 今年の東京ゲームショウは、「VR元年」と称されるほどVRコンテンツが多数出展されている。国内ゲーム市場規模は2015年には過去最高の1兆3591億円となったが、VRの登場で更に拡大する可能性がうかがえる。

 ビジネス的には喜ばしいことだが、東京ゲームショウを周る上では注意しなければならないことがある。それは“目”だ。

 VRコンテンツを楽しむ上では、頭にディスプレイを装着する。これはしっかり装着しなければ体験中にズリ落ちてしまうため、きつめに固定する必要があるものも。

 そのため、メガネよりコンタクトのほうが快適に体験できる。また、女性の場合、アイメークはいつもより控えめにするのがよいだろう。

 いざ行ってしまえば、東京ゲームショウでの時間はあっという間。アプリを駆使して楽しんでほしい。

最終更新:9/16(金) 19:52

ITmedia ビジネスオンライン

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。