ここから本文です

広島・鈴木、高卒4年目で27本塁打 「天才」前田智徳に並んだ

デイリースポーツ 9月16日(金)20時14分配信

 「広島-中日」(16日、マツダスタジアム)

 広島が相手の隙を逃さず一挙、6点を奪った。0-0の三回1死満塁。菊池の遊撃へのゴロで、併殺を狙った中日・阿部が捕球ミス。相手失策で先制点を奪うと、そこから一気にたたみかけた。なおも1死満塁から丸が右前2点適時打。ルナの左犠飛で加点し、とどめは鈴木だ。

 バルデスの内角球を振り抜き左翼席の看板にぶち当てた。27号2ランに「打ったのは直球。積極的に行けました。自分のスイングで捉えることができました」と汗をぬぐった。

 広島の選手で、高卒4年目で20号に到達したのは「鉄人」衣笠と「天才」前田、そして鈴木の3人しかいない。この一発で、前田の27本塁打に並んだ。「僕に無駄な打席は一つもないんです」と言い続ける22歳。今季、急成長を遂げた若鯉に慢心はない。

最終更新:9月16日(金)20時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]