ここから本文です

シチズン、GPS受信が世界最速3秒でできる「EXCEED」シリーズの電波時計

Impress Watch 9月16日(金)15時55分配信

 シチズン時計株式会社は、GPS受信を世界最速の3秒で行なえる電波時計を、高品質シリーズの「EXCEED(エクシード)」より10月7日に6モデル発売する。価格は20万円~27万円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 EXCEEDが持つ日本製品の品質の高さを、洗練されたドレスウォッチとして表現することを主眼に開発。ATTESAやPROMASTERと同一ムーブメントを搭載しながら、異なる魅力を携えた商品に仕上げたという。光発電機能の「エコドライブ」を搭載しており、電池の交換は不要。

 ケースとバンドの表面はチタニウムをデュラテクト(独自の表面硬化技術)処理した「スーパーチタニウム」を採用。ステンレスよりも約40%軽く、金属アレルギーが起きにくいことに加え、さびにくいといった特徴を持つ。また、小さな傷などから時計本体を守り、美しい状態を保持できるとする。

 キャリバーはF900とF150の2種類で、3モデルずつ用意。ケース径は43.3mmでケース厚はF900が15.1mm、F150は14.7mmとなっている。両者ともガラスにデュアル球面サファイアガラスを採用する。

 F900モデルの主な仕様は、月差±5秒(非受信時)、ワールドタイム機能(40タイムゾーン)、パーフェックス、パワーセーブ機能(フル充電時約5年動作)、デュアルタイム機能、クロノグラフ機能(1/20秒・24時間)、アラーム機能、ライトレベルインディケーター、充電量表示機能、パーペチュアルカレンダー、サマータイム機能、夜光(針)、5気圧防水。

 一方のF150は、パワーセーブ機能によるフル充電時の動作時間が約7年となるが、デュアルタイム機能、クロノグラフ機能、アラーム機能などには非対応となっている。

 それぞれの外装は以下の通り。

F900

F150

PC Watch,中村 真司

最終更新:9月16日(金)15時55分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]