ここから本文です

山中慎介7回TKOでV11!壮絶な打ち合い制し「長谷川さん、ありがとう」

デイリースポーツ 9/16(金) 20:32配信

 「ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(16日、エディオンアリーナ大阪)

【写真】子供を抱き、笑顔を見せる山中

 王者・山中慎介(33)=帝拳=は7回1分9秒TKOで、同級1位の挑戦者、アンセルモ・モレノ(31)=パナマ=を下して日本歴代2位に並ぶ11度目の防衛を達成した。両者は昨年9月に初対戦しており、山中が2-1で判定勝ちしていた。

 完全決着を期した再戦は、試合開始から激しい打ち合いとなり、1回には山中、4回にモレノ、6回には山中がそれぞれダウンを奪う、壮絶な展開となった。

 7回開始早々、山中は左ストレートで3度目のダウンを奪った。なんとか立ち上がった相手をコーナーに追い詰めて強烈な左ストレートを浴びせると、モレノは崩れ落ち、レフェリーが試合をストップした。

 山中は観客を前に「(前の試合で)長谷川さんが素晴らしい試合で勝ち、僕も強い気持ちでリングに立てた。ありがとうございました。2人の子どもをリングに上げられて幸せです」と喜びを表現した。

 山中の通算戦績は28戦26勝(18KO)2分け。敗れたモレノは42戦36勝(12KO)5敗1分け。

最終更新:9/16(金) 22:42

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。