ここから本文です

山中慎介7回TKOでV11!壮絶な打ち合い制し「長谷川さん、ありがとう」

デイリースポーツ 9月16日(金)20時32分配信

 「ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(16日、エディオンアリーナ大阪)

【写真】子供を抱き、笑顔を見せる山中

 王者・山中慎介(33)=帝拳=は7回1分9秒TKOで、同級1位の挑戦者、アンセルモ・モレノ(31)=パナマ=を下して日本歴代2位に並ぶ11度目の防衛を達成した。両者は昨年9月に初対戦しており、山中が2-1で判定勝ちしていた。

 完全決着を期した再戦は、試合開始から激しい打ち合いとなり、1回には山中、4回にモレノ、6回には山中がそれぞれダウンを奪う、壮絶な展開となった。

 7回開始早々、山中は左ストレートで3度目のダウンを奪った。なんとか立ち上がった相手をコーナーに追い詰めて強烈な左ストレートを浴びせると、モレノは崩れ落ち、レフェリーが試合をストップした。

 山中は観客を前に「(前の試合で)長谷川さんが素晴らしい試合で勝ち、僕も強い気持ちでリングに立てた。ありがとうございました。2人の子どもをリングに上げられて幸せです」と喜びを表現した。

 山中の通算戦績は28戦26勝(18KO)2分け。敗れたモレノは42戦36勝(12KO)5敗1分け。

最終更新:9月16日(金)22時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。