ここから本文です

まさか…マー君、自己最多14勝ならず 9回に救援陣が5点奪われ逆転サヨナラ負け

スポニチアネックス 9月16日(金)12時4分配信

 ◇ア・リーグ ヤンキース5―7レッドソックス(2016年9月15日 ボストン)

 ヤンキースの田中将大投手(27)が敵地で15日(日本時間16日)の地区首位レッドソックス戦に先発。7回で93球を投げ4安打1失点と力投したが。メジャー自己最多の14勝目はならなかった。試合は9回に救援陣が背信投球。5―7で逆転サヨナラ負けを喫した。

 初回、オルティスに二塁打を浴びたが、無失点に抑え上々な立ち上がりを見せた。4点リードの3回には1死満塁のピンチを招き、オルティスの犠飛で1点を失ったが、後続を断ち追加点を許さなかった。田中は21個のアウトをとったが、奪三振は0の珍しい投球結果となった。防御率は2・97と2点台に突入しリーグトップとなった。

 だが、悪夢は最終回に待っていた。5―2で迎えた9回、ヤンキースはライン、パーカー、ベタンセスを投入したが、レッドソックスの反撃を食らう。1点差となった2死二塁、三塁でHラミレスに3ランを浴びて逆転サヨナラ負け。この回5点を失う信じられない結末となった。

 登板を翌日に控えた14日(同15日)はヤンキースタジアムで最終調整。前回登板となった10日のレイズ戦では自己最多に並ぶ13勝目を挙げ、現在6連勝中の右腕は「カードの頭を取ることは勢いをつける意味でも凄く大事だと思うし、チームを勢いづけられる投球ができれば一番いいかなと思う」と首位叩きへの意気込みを口にしていた。

 レッドソックスの田沢は5回に登板し、1回を1安打無失点、3三振でメジャー通算300試合登板となった。

最終更新:9月16日(金)21時11分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報