ここから本文です

MetaMoJi、手書き入力「mazec」で企業別辞書構築サービスを開始

Impress Watch 9月16日(金)16時17分配信

 株式会社MetaMoJiは16日、「mazec辞書構築サービス」の提供を開始した。手書き入力技術「mazec」で利用できる専用の変換辞書を構築してくれるもので、おもに企業を対象とする。構築に必要な期間は標準で約3カ月、費用は300万円から。

【この記事に関する別の画像を見る】

 mazecは、タッチパネルを備えたタブレット端末において、より自然な手書き入力を実現するための技術。Windows/iOS/Android向けの単独アプリとして公開されているほか、mazecの機能を組み込んだデジタルノートアプリ「7notes」などもある。

 今回発表された辞書構築サービスを企業が導入することで、自社製品名、業界用語などの表記を統一させつつ、さらに変換効率が高まるなど、使い勝手が向上するとしている。なお、構築した辞書はOSを超えての共有・配布が可能。

クラウド Watch,森田 秀一

最終更新:9月16日(金)16時17分

Impress Watch