ここから本文です

「うどんの国の金色毛鞠」香川での先行上映会は2DAYS、古城門志帆ら出演

コミックナタリー 9月16日(金)18時26分配信

篠丸のどか原作によるテレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」1、2話の先行上映会が、10月9日と10日に香川・瓦町FLAGSの市民交流プラザIKODE瓦町にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

9月22日に東京・新宿バルト9にて実施される分に引き続き行われるこの上映会。9日にはポコ/モモ役の古城門志帆、浜田吾郎/ガオガオちゃん役の黒田崇矢、宅野誠起監督がゲストとして出演する。参加希望者は、西日本放送の公式サイト内に設置された応募ページから申し込もう。上映会の会場横では、「うどんの国の金色毛鞠」のパネル展も実施される予定だ。

「うどんの国の金色毛鞠」は実家のある香川のうどん屋に戻ってきた主人公・宗太が、人間の少年に化けられるタヌキのポコと過ごす日常を描くファンタジー。原作マンガは月刊コミック@バンチ(新潮社)にて連載されている。アニメは10月から、日本テレビ、西日本放送ほかにてオンエア。

「うどんの国の金色毛鞠」先行上映会
東京会場
日程:2016年9月22日(木・祝)
時間:(1回目)10:45開場、11:00開演(2回目)12:15開場、12:30開演
会場:新宿バルト9 シアター9
出演:中村悠一(俵宗太役)、古城門志帆(ポコ/モモ役)、宅野誠起(監督)、山王丸和恵(司会)
料金:全席指定2500円

香川会場
日程:2016年10月9日(日)、10日(月・祝)
時間:(1回目)13:00開演(2回目)15:00開演
会場:瓦町FLAGS 8階 IKODE瓦町 多目的スタジオ
出演:古城門志帆(ポコ/モモ役)、黒田崇矢(浜田吾郎/ガオガオちゃん役)、宅野誠起(監督)
※ゲスト出演は9日開催分のみ

アニメ「うどんの国の金色毛鞠」
初回放送日時
日本テレビ:2016年10月8日(土)25:55~
西日本放送:2016年10月16日(日)7:00~
ほか

キャスト
俵宗太:中村悠一
ポコ:古城門志帆
中島忍:杉田智和
大石凛子:中原麻衣
藤山俊亮:福山潤
藤山紗枝:花澤香菜
浜田吾郎:黒田崇矢
永妻宏司:立花慎之介
冴木学:鳥海浩輔
冴木雪枝:嶋村侑
喜岡ふみ:くじら
田中(真鍋)舞:皆口裕子
田中のぞみ:本渡楓
宗太の父:中博史
宗太の母:井上喜久子
中島の母:木村亜希子
カエル:小林ゆう

ガオガオちゃん:黒田崇矢
ミミ:牧野由依
モモ:古城門志帆

次回予告:要潤(うどん県副知事)

スタッフ
原作:『うどんの国の金色毛鞠』篠丸のどか(新潮社「月刊コミック@バンチ」連載)
監督:宅野誠起
助監督:臼井文明
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤依織子
美術設定:イノセユキエ
美術監督:合六弘
色彩設計:小野寺笑子
撮影監督:後藤晴香
編集:吉武将人
音響監督:鶴岡陽太
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

(c)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

最終更新:9月16日(金)18時26分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。