ここから本文です

3階級制覇の長谷川 今後について明言せず「正直休みたい」

デイリースポーツ 9/16(金) 21:34配信

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(16日、エディオンアリーナ大阪)

【写真】会長に肩車され、ポーズをとる長谷川

 挑戦者で同級5位の長谷川穂積(35)=真正=が、9回終了TKOで王者のウーゴ・ルイス(29)=メキシコ=を破り、3階級制覇を達成した。長谷川は2011年4月にWBC世界フェザー級王座から陥落して以来、5年5カ月ぶりに世界王座に返り咲いた。35歳9カ月での世界王座奪取は国内男子最年長記録となった。

 戦前、負けたら引退、勝っても防衛戦を行うことなく、この試合がラストファイトになる可能性も口にしていた長谷川は今後について「まだ終わったばかりなので。正直休みたい」と明言を避けた。

 真正ジム・山下正人会長も「この試合に向けて必死にやってきたのでまだ何も考えられない。本人もまだ結論は出ないだろう。久しぶりに勝利の余韻に浸りたい」と続いた。

 激闘のダメージを癒やし、落ち着いたところで、今後の方向性を明らかにする。

最終更新:9/16(金) 22:03

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。