ここから本文です

障がい者への理解を広げるパラリンピックの見方

日刊スポーツ 9月16日(金)16時9分配信

 リオデジャネイロ・パラリンピックの競泳男子100メートル自由形(視覚障害)で、木村敬一が銅メダルに号泣した。レース直後の彼のコメントが耳に残った。「谷川コーチはパラリンピックでタップの経験があまりないので、自分よりも緊張されたと思うと……」と言葉をとぎらせて、おえつを漏らした。

【写真】1500万円の車いすで戦うってどうなの

 木村のタッピングは31歳の谷川哲朗コーチが務めた。視覚障害の選手はプールの壁を確認できないため、ターンやゴールの直前にコーチが選手の体を棒でタッチして、壁が近づいたことを伝える。少しでもタイミングがずれるとタイムロスにつながるため、練習から呼吸を合わせる必要がある。選手の入退場もタッピングを担当するコーチが誘導する。

 パラリンピックでは、障害を感じさせない選手のパフォーマンスだけに目がいきがちになる。だが、少し視線を遠くして見ると、さまざまな人たちに支えられていることが分かる。あの金メダル15個の成田真由美さんも補助員の介助でプールに入退水する。スタート台の後ろから補助員に支えられて飛び込む選手も多い。

 リオ大会を見た人から「パラリンピックの選手はすごい」「健常者と変わらない」という声を聞く。確かにそれは事実だが、その一面だけが一人歩きするのは少し怖い。どんなに強い選手も障害を抱えている。周囲の支えがあってこその「すごい」なのだ。選手たちが競技以外でどう支えられているか。そこにも視点を置いて見ると、障がい者への理解がさらに広がる。

 苦い経験がある。都内で視覚障害の選手を取材した。話を聞き終えると彼は立ち上がり、出口に向かった。その直後、テーブルの仕切りに体をぶつけた。私は競技をしている彼の印象が強く、つい介助を忘れていたのだ。あの激しい車いすバスケットボールの選手も、競技場の外に出ると20センチの段差が超えられなかった。

 人の支えは単に選手を補助するだけではなく、心のよりどころにもなる。木村のコメントからそれが伝わってきた。一般社会でも同じだ。私たちのちょっとしたお手伝いが、障がい者の心も解きほぐすのだと思う。それにしても、メダルのかかった重圧と緊張のレースを終えた直後に、コーチの心情を気遣って泣く。銅メダル以上に木村の人間力に感動した。【五輪・パラリンピック準備委員 首藤正徳】

最終更新:9月16日(金)16時49分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]