ここから本文です

ウーマン村本 カンフーパンダに親近感「成り上がる感じが好き」

スポニチアネックス 9月16日(金)14時26分配信

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」と人気子役の早坂ひらら(4)が16日、Netflixで配信中の米アニメ映画「カンフー・パンダ3」の都内で行われたスペシャル上映会にゲスト出演した。

 カンフーおたくのジャイアントパンダのポーが、カンフーの達人へと上り詰めていくシリーズ。村本大輔(35)は「成り上がる感じが好きですね。学生時代の僕は、しゃべるクラスの空気が止まる“名ストッパー”と言われていた。芸人になろうと言っても皆が無理だと、10年言われ続けようやく仕事をいただけるようになった」と自身の体験に重ね絶賛した。

 一方の中川パラダイス(35)は、同じ4歳の男の子の父親だが「自分の子が同世代で一番かわいいと思っていたけれど、超えましたわ」と、ひららちゃんにメロメロだった。

最終更新:9月16日(金)15時48分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。