ここから本文です

RIP SLYME、初のライブ会場限定CD発売

音楽ナタリー 9月16日(金)18時45分配信

RIP SLYMEがキャリア初となるライブ会場限定CD「Dance Floor Massive V」を、10月6日からスタートする全国ツアー「RIP SLYME TOUR 2016-2017 "DANCE FLOOR MASSIVE V"」の各会場にて販売する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Dance Floor Massive V」には1990年代を彷彿とさせるダンスナンバー3曲を収録。今作でのみ聴くことができるオリジナル曲「In The House」のほか、アメリカ発のカジュアル用品メーカー「Timberland」のキャンペーンソング「Check This Out」、FIRE BALLのCHOZEN LEEとコラボした楽曲「The Man (feat. CHOZEN LEE from FIRE BALL)」といったラインナップとなっている。

なお「Check This Out」と「The Man (feat. CHOZEN LEE from FIRE BALL)」の2曲は、TOKYO FMをキー局に全国9局で放送されているRIP SLYMEのレギュラー番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」にて9月23日(金)から25日(日)までの期間中にいち早くオンエアされることが決定。またCDの発売に先駆けて、9月30日にiTunes Store、レコチョクほかで配信リリースされる。

RIP SLYME「Dance Floor Massive V」収録曲
01. Check This Out
02. The Man (feat. CHOZEN LEE from FIRE BALL)
03. In The House

RIP SLYME「RIP SLYME TOUR 2016-2017 "DANCE FLOOR MASSIVE V"」
2016年10月6日(木)神奈川県 Yokohama Bay Hall
2016年10月12日(水)群馬県 高崎club FLEEZ
2016年10月14日(金)長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
2016年10月15日(土)富山県 MAIRO
2016年10月21日(金)青森県 青森Quarter
2016年10月22日(土)福島県 郡山HIP SHOT JAPAN
2016年10月24日(月)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2016年10月29日(土)北海道 CASINO DRIVE
2016年10月30日(日)北海道 帯広MEGA STONE
2016年11月12日(土)静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠
2016年11月13日(日)岐阜県 岐阜club-G
2016年11月15日(火)京都府 京都FANJ
2016年11月16日(水)兵庫県 Kobe SLOPE
2016年11月18日(金)高知県 CARAVAN SARY
2016年11月20日(日)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
2016年11月23日(水・祝)山口県 周南RISING HALL
2016年11月24日(木)熊本県 熊本B.9 V1
2016年11月26日(土)鹿児島県 CAPARVO HALL
2016年11月27日(日)宮崎県 MIYAZAKI WEATHERKING
2016年11月29日(火)大分県 DRUM Be-0
2016年11月30日(水)長崎県 DRUM Be-7
2017年1月14日(土)新潟県 新潟LOTS
2017年1月15日(日)宮城県 Rensa
2017年1月22日(日)神奈川県 CLUB CITTA'
2017年1月28日(土)北海道 サッポロファクトリーホール
2017年2月1日(水)福岡県 DRUM LOGOS
2017年2月4日(土)広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年2月5日(日)香川県 高松festhalle
2017年2月8日(水)愛知県 DIAMOND HALL
2017年2月12日(日)大阪府 なんばHatch
2017年2月17日(金)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
2017年2月26日(日)沖縄県 ナムラホール

最終更新:9月16日(金)18時45分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。