ここから本文です

長谷川“奇跡”の3階級制覇を歴代王者が称賛 八重樫「生きざま見せてもらった」

デイリースポーツ 9/16(金) 22:24配信

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(16日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦のセミファイナルでWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが行われ、挑戦者で同級5位の長谷川穂積(35)=真正=が、9回終了TKOで王者のウーゴ・ルイス(29)=メキシコ=を破り、3階級制覇を達成した。長谷川は2011年4月にWBC世界フェザー級王座を失って以来、5年5カ月ぶりの世界王座返り咲きを果たした。

 日本ジム所属選手の3階級制覇は、亀田興毅、ホルヘ・リナレス(帝拳)、井岡一翔(井岡)、八重樫東(大橋)に続き5人目。IBF世界ライトフライ級王者の八重樫は会場に駆けつけ、勝利を見届けた。「見ている方としては怖かった。でも、この戦い方を選んだのは長谷川さん。生きざまを見せてもらったような気がします」。勝利のリングに2人の子どもを上げた長谷川に「あぶなく泣きそうになりました。いいもん見た。家族あっての長谷川さん。共感できます」と、家族の力を支えに戦う自らを重ね合わせた。最後は「同じ3階級というのはおこがましい。僕なんてまだまだ」と、復活した先輩王者をたたえた。

 復活した長谷川を称賛する声は他にも続く。元世界2階級王者で長谷川と親交の深い粟生隆寛(帝拳)は「長谷川さんは、パンチをもらった時に(打ち返して)いく時の嗅覚がハンパない」と指摘する。戦前は不利の予想に傾いていたが、「僕は不利だとは思わなかった。勝つと思っていましたよ」と兄貴分の勝利を信じていた。

 元WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太氏は「もちろん不利だと思っていました」と正直に明かし、「あこがれのチャンピオンの戦う姿を目に焼き付けておきたかった」と現在居住している盛岡から来場。「長谷川さんは気持ちが強い。だからこそ(前回世界戦の)キコ・マルティネス戦を思い出して嫌な感じがしていた。でも、最後は気持ちの強さがいい方向にでましたね。しびれましたよ」と、1人のファンとなって感動していた。

最終更新:9/17(土) 2:41

デイリースポーツ