ここから本文です

NHK職員、残業代など26万円不正受給 停職3カ月に

朝日新聞デジタル 9月16日(金)20時0分配信

 NHKは16日、休日出勤手当など約26万円を不正受給したとして、東京の本部に勤務する30代の男性職員を停職3カ月の懲戒処分とし、発表した。

 NHK広報局によると、男性職員は2015年3月~16年6月、勤務実態のない休日出勤や残業の手当などを申請し、不正に受け取っていたという。上司の副部長も譴責(けんせき)とした。NHKは「再発防止に向け、職員に対するコンプライアンス意識の徹底をはかってまいります」とのコメントを出した。

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)20時0分

朝日新聞デジタル