ここから本文です

大砂嵐、左内転筋挫傷で休場へ

スポーツ報知 9月16日(金)11時21分配信

 大相撲の西十両筆頭・大砂嵐(24)=大嶽=が秋場所6日目の16日から休場することになった。日本相撲協会に「左内転筋挫傷で5日間の休場を要する見込み」の診断書を提出した。5日目の佐田の富士(境川)の一番で寄り切った時に左足の付け根を痛めた。大砂嵐の休場は今年名古屋場所以来、8度目。旭秀鵬(友綱)は不戦勝。十両以上の休場者は横綱・白鵬(宮城野)含め、5人目となった。

最終更新:9月16日(金)11時37分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。