ここから本文です

トラブル相手を車でひく、被告に無罪「正当防衛が成立」

朝日新聞デジタル 9月16日(金)21時2分配信

 交通トラブルの相手を車でひいて死なせたとして、傷害致死罪に問われた東京都町田市の元会社員山田義次被告(46)の裁判員裁判の判決が16日、東京地裁立川支部であった。菊池則明裁判長は「正当防衛が成立する」と述べ、無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、山田被告は2014年11月5日午後4時ごろ、町田市内の交差点で乗用車を運転中に大学生の男性(当時23)とトラブルになり、男性が被告の車内に手や顔を入れていたのに車を発進させ、後輪で頭などをひいて死なせた。

 判決は、男性が激高していた状況を考慮すると、山田被告が防衛行為に出なければ殴られるなどの危険性があったと指摘。「車の発進、加速という行為以外の回避手段をとることは困難。やむを得ず身を守るために許される範囲内の行為だった」と述べた。

 東京地検立川支部の葛谷茂副部長は「判決内容を精査し、適切に対応したい」とするコメントを出した。(根津弥)

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)22時48分

朝日新聞デジタル