ここから本文です

<殺人>19歳男性殴られ死亡 広島の社員寮

毎日新聞 9月16日(金)22時30分配信

 広島県警は16日、広島市南区向洋大原町のマツダ社員寮で14日に同社員、菅野恭平さん(19)が頭から血を流した状態で見つかり、間もなく死亡したと発表した。司法解剖の結果、何者かに頭や顔を複数回殴られて殺害された疑いが強まり、殺人事件として県警広島南署に16日、捜査本部を設置した。

 県警によると、14日午後4時15分ごろ、社員寮の非常階段の2階踊り場で、菅野さんがあおむけに倒れているのを寮の男性が見つけた。菅野さんは既に意識がなく、病院に運ばれたが間もなく死亡した。司法解剖の結果、失血死と判明した。

 現場近くには菅野さんのものと見られる貴重品が入った手提げバッグが落ちていた。着衣に乱れはなかった。

 菅野さんは昨年4月に寮に入り、14日の昼間は夜勤のため寮にいたという。

 寮は7階建て。マツダ工場の南側にあり、住宅街に隣接している。正面玄関から出入り可能だが、管理人がいる。非常階段は寮内にあり、1階の非常ドアで外部と通じている。

同じ寮に住む男性(19)は「菅野さんはおとなしい感じで、もめ事は聞いたことがない。自分が住む場所でこんな事件があり、不安で怖い」と話していた。【東久保逸夫】

最終更新:9月16日(金)22時31分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。